どのようにして改善へ導くのか

なぜ今まで改善しなかったのか?

『原因』と『結果』に対して、きちんとアプローチができていなかったことが改善しなかった原因です。

ここからは大事なところなので長文で

丁寧にお伝えしていきます。

 

どこにいっても良くならない方のために文章を書きます。

 

本当にお困りでしたら最後までお読みくださいませ。

 

あなたが今まで改善しなかったのは、『原因』と『結果』に対してのきちんとアプローチできていなかったから、改善まで辿り着くことができなかったといえます。

 

この『原因』と『結果』のどちらかだけを良くしても、何年も痛みが出てる症状を楽にすることは難しいです。

 

なので、

当院では、この2つをクリアしていき、あなたの症状を楽にし、明るい未来に変えていきたいと思っています。

 

 

まず、『結果』についてお伝えします。

 

 

『結果』というのは、今あなたが苦しんでいること全てです。

 

例えば以下のようなことがあります。

 

痛み、シビレ、歪み、違和感、コリ、可動域が狭い、軟骨が傷ついてる、ヘルニアがでてる、脊柱がせまくなってる、疲れやすい、急にパフォーマンスが下がっている、手術を告げられてることなど

 

これらは全て『結果』です。

 

結果からさかのぼっていくと原因にたどり着きます。

 

色んな例がありますが、ここでは、腰の痛みついてお伝えします。

 

 

最終結果は、

かがんだときに腰に痛みがでている

 

ということは

痛みがでるのにも原因があります。

 

痛みというのは、体の危険信号なので、かがむための腰の筋肉がうまく働かなくなったときに、体は危険信号(痛み)を出します。

 

ということは、

腰の筋肉がうまく働かなくなった原因があります。

 

人それぞれではありますが、大きくいえば、『体の使い方が悪い』これが根本的な原因です。

 

日常生活やお仕事、スポーツなどで、痛みが出ている部分にだけ負担がかかり、筋肉を痛め、症状がでている。

 

これが、ひと通りの流れです。

 

 

私は、結果に対しては、プロです。

筋肉を正常に働けるように施し、1日でも早く痛みを楽にしていきます。

 

しかし、原因である体の使い方をよくすることに関しては、あなたの努力も必要不可欠になります。

 

せっかく、動けるように施術しているのだから、それを維持させるように体の使い方もうまくしていかないともったいないです。

 

当院では、あなたの症状にあったセルフケアをお伝えして、体の動かし方も上手になっていってもらいます。

 

このように、原因と結果に対して、きちんとアプローチしていけば、あなたの症状は必ず良い方向に向かいます。

 

ご不明な点がありましたら、一度ご相談くださいませ。