ウェイトトレーニングは競技能力が下がる!?

 

こんにちは。

兵庫県西宮市タブチ神経整体院

院長の田渕達也です。

 

今回は、

『ウェイトトレーニングは

競技能力が下がってしまう』という

お話をしていきたいと思います。

 

 

競技能力とは何かというと

野球の打者でいえば、打率

水泳だったらタイム

と思って頂ければわかりやすいかと思います。

 

ウェイトトレーニングは、

必ず、競技能力が下がるのではありません。

 

適正にトレーニングを行えば

普通であれば必ず競技能力は上がると思います。

 

 

しかし、

 

適正にトレーニングできているのは

トップレベルの感覚を持った選手だけだと私は感じております。

 

なので、8割以上の方は

ウェイトトレーニングによってパフォーマンスは下がってしまっています。

 

 

この事に関しては、

メジャーリーガーのイチロー選手も

メディアでお話してました。

 

ご興味ある方は

YouTubeでイチロー選手と稲葉選手の対談をご覧くださいませ。

 

 

間違ったウェイトトレーニングでパォーマンスが下がると言い切れる理由があります。

 

間違ったウェイトトレーニングを重ねている方は、明らかに関節の可動域が狭くなっています。

 

アスリートにとって、関節の可動域はとても重要になります。

 

可動域=筋肉の働ける量

 

と思って頂けば大丈夫です。

 

可動域が狭い=筋肉の働ける量が少ない

 

筋肉の働ける量が少なければ、

パォーマンスが下がるのは当然という事です。

 

 

トップアスリートは、正しい体の使い方ができるので毎日ウェイトトレーニングをしても可動域が狭くならず、パォーマンスUPできています。

 

ただ単に練習メニューにあるから、力一杯トレーニングして、むきむきになっても全く意味はありません。

 

競技能力をあげたいのであれば、毎日自分の可動域を把握し、何度やっても筋肉がむきむきにならない方法でトレーニングをすれば、競技能力は上がると思います。

 

意識の高いあなたなら、この記事を見つけていると思うので、参考にして頂けると幸いです。

 

本業は、体の痛み改善に対応してますので、体のお悩みがある方はホームページをご覧ください

 

51167B77-6D82-40FD-BB5E-BB89602DBC9A

チャンネル登録よろしくお願いします!!

体の価値ある情報を

ホームページはこちら

tabuchi

インスタグラムはこちら

images

タブチ神経整体院 FBはこちら

images