難しい診断名をつけられてお悩みのあなたへ

こんにちは。

兵庫県西宮市 タブチ神経整体院

院長の田渕です。

 

今回は、

難しい診断名をつけられて

お悩みのあなたへメッセージを届けます。

 

なぜ、私がこの記事を書こうと

思ったかというと、

 

さっきたまたま携帯でニュースを

見ていましたら、

 

ソフトバンク柳田

「右股関節外旋筋群損傷」という

記事を見まして、

書こうと思いました。

 

あなたがもし

「右股関節外旋筋群損傷」と

診断を受けると

正直びっくりすると思います。

 

あわてて、検索かけて

改善方法とかを調べると思いますが、

スポーツでなった痛みや

慢性的になった痛みは、

ほとんど、筋肉や神経がうまく働くなっているだけです。

 

「右股関節外旋筋群損傷」を言いかえると

右の股関節の筋肉を痛めただけですよ。

 

なので、筋肉を痛くなかったときのように戻せばいいだけです。

 

今回のこの記事のように

一般の人からしたら、

焦ってしまうような、診断であっても

実際大したことないことって結構いっぱいあるので、全然落ち込む必要はありません。

 

他にも、

✖️=筋肉、神経が働けていない

シンスプリント=ふくらはぎの✖️

がそく炎、オスグット=膝周りの✖️

ジャンパー膝=ジャンプするために必要な✖️

足底筋膜炎=足の裏の✖️

野球肩、肘=投げるための肩、肘の✖️

テニス肘=前腕の✖️

シーバー病=かかとについている✖️

 

など、他にもいっぱいありますが、

診断名を聞くと、

なに!?ひどいの!?

ってなるような名前であっても

実際きっちり施術していけば

全然問題なく改善していきますので、

 

難しい診断名をつけられて

お悩みでしたら、一度ご相談くださいませ!

 

院長 田渕達也
 

ご予約、ご相談はLINEでお願いします。

↓↓↓

51167B77-6D82-40FD-BB5E-BB89602DBC9A

 

チャンネル登録よろしくお願いします!!

 

体の価値ある情報を

 

ホームページはこちら

tabuchi

 

インスタグラムはこちら

images

 

タブチ神経整体院 FBはこちら

images